リブランドならYRK&

VOICE

私たちの想い

TOP TALK

YAMAGUCHI HIROYUKI

YRK& TOKYO コミュニケーション・コンサルティング室 エグゼクティブプロデューサー

山口 博之

リ・ブランディングによるコミュニケーションの傾向

私がリブランディングに携わる中で、気がついた事。それはリブランディングはブランドを作り替えるのではなく、磨きなおすという感覚が重要であると言う事です。歴史のある企業様であればあるほど、どのような手法で価値を再抽出し、磨きなおしていくかがキーになってきます。

まずはアウターブランディングのコミュニケーションです。企業様が生活者に情報を発信する場合、『私たちはこんな企業です!こんな商品です!』とコミュニケーションする設計そのものを見直します。ここでのポイントは、コミュニケーションの設計をどこから始めるかです。商品がお客様の手に触れるところから考え、その前に遡って考えていきます。また、商流やその周辺に関わる人たちの動きをきめ細かくひもとき、同時にお客様にわたってからをも想定。最後に媒体をどうするか、どの枠でものを言うか、を選定します。このあたりが、広告宣伝的な考え方と違うところかと思います。広告宣伝の領域から入ると、どうしても媒体先行のプッシュ型になってしまい、本質の磨きなおしにたどり着きにくくなります。

また、ブランドを育てたいという場合は、お客様が商品を手にした後の部分に比重を置いて考えます。それを点ではなくストーリーとして設計する事が重要だと考えています。

CCD事業部長 山口博之02

もう一方がインナーブランディングのコミュニケーションです。この領域が疎かになっていると前項のアウターブランディングの効果が十分に発揮されません。

アウターブランディングがお客様の手に触れるところを起点に設計するとなると、どうしてもここに行きつきます。歴史の長い企業様ほど、時間とともに様々なものが絡み合って、どこから手を付けるかが、わからなくなってきているのではないでしょうか。我々は人事組織コンサルティング会社ではありません。ですので、できることは関係各部署の『キモチのデザイン』になります。その商品やサービスが、お客様にどのように支持されたいのか、そういった想いを再構築・再定義し、リブランディングしていきます。

また、私たちがこの領域を重視する理由の一つに、日本にはまだインナーブランディングとアウターブランディングを同時に考えられる会社が少ない実情があります。広告宣伝会社、マーケティング会社、コンサルティング会社は、それぞれの業務区分の上に成り立って提供できるサービスであり、縦割りの役割分担で動くことが多いのです。我々YRK&は120年余りにわたって多数の企業様を見てきたからこそ、その垣根が企業様側の課題解決にとって問題になっていると気づきました。

YRK&はアウターとインナーのブランディングを同時に考えられる企業として、世の中に貢献できればと考えております。

TOPTALK