TOPICS

トピックス

「新規チャネル開発」までを一気通貫で構築する、 最新のリブランドコンサルティング本格稼働

, 2019/10/29
リブランドメソッド2.0 リリース

「リブランドコンサルティング」メソッドをアップデート。「チャネルプロデュース」「ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)」の機能を追加し、リブランド後の新規アクションや、具体的なセールスを一気通貫して構築することができるようになりました。

バージョンアップのポイント

リブランドコンサルティングについて

✓新規チャネル開発から様々なアクションまでサポート

「チャネルプロデュース部門」新設により、リブランド後のチャネル最適化のサポートが可能になりました。それにより新しいブランドデビューの接点をYRK&が開拓代行し、スモールテストの成果をもとにターゲットチャネルを開拓していきます。また、その後に必要となるコンタクトセンターや営業倉庫などの顧客接点をビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)チームがサポート。特にA&D dept.チームではコミュニケーションの効果を分析し、短期間でデータドリブンを実践します。このように社員のキモチのデザインや、ブランドの基本戦略の構築だけでなく、クライアント様の新しいビジネスデビューに必要となる具体的なアクションまでを一貫して行えるようになりました。

✓考え方や戦略を素早く可視化するビジブルブランディング™

今までのブランディングのように、ウォーターフォール型でじっくり形にするのではなく、経営者の思い描くビジョンや、事業を取り巻く思考を、即座にクリエイターが可視化するビジブルブランディング™を取り入れることで、社内におけるイメージの共有やコミュニケーションロスの軽減につなげます。また、これらをコンパクトなチームで、スピード感を持って行うことで、激動するマーケットへの乗り遅れも防ぎます。

✓キモチのデザインコンサルティング™

当社ではワークショップや、ブレインキャンプという「キモチのデザインコンサルティング™」を重要視。改めて企業の持つ価値の抽出を行いながら、チームビルディングを行い、共有の判断基準やスタッフのブランディングエネルギーそのものをつくり、ブランドの基盤となる社内の起動力を育てます。

✓コンパクトコミュニケーション®デザイン

あらゆるステークホルダーに対してコンパクトコミュニケーション®という考え方で、コミュニケーションコントロールを行う「カタチのデザイン」を設計。コンパクトに設計することで、軸をブレさせずスピーディでダイレクトなコミュニケーションを展開することが可能です。

✓ブランド定例委員会の設定

プロジェクトの進捗を定期的に確認・共有する「ブランド定例委員会」を設定。ブランド導入フリクションの解消と現場のヒアリング。さらに表現のチェックや報告、新規事業のアドバイスなどを行います。

簡易版資料が
無料でダウンロード可能です。

サービスや完全版資料に関する
お問い合わせについて
担当:山口

CONTACT