CORPORATE HISTORY

沿革

1896年(明治29年) 中許 栄之助 船場にヤラカス舘創業
レッテル、引札、ラベルの印刷他、漆看板制作
1902年(明治35年) 第1期 社屋現住所へ移転
当時の得意先名簿には伊藤忠呉服太物店、髙島屋呉服店、三井呉服店など現在の一流有名企業の名を見ることができる
1903年(明治36年) 第5回 内国勧業博覧会の商品展示コンクールで一等賞獲得
1925年(大正14年) 新社屋完成
1934年(昭和9年) 法人組織へ移行
株式会社ヤラカス舘本店を設立
1941年(昭和16年) 印刷工場買収・製造設備強化
事業内容が繊維中心から拡大する
1945年(昭和20年) 社屋全焼及び復興
1947年(昭和22年) 社屋修復工事完成
4階に中矢書房を開業
大衆娯楽雑誌「男女」(のちに「小説界」)の出版に乗り出す
執筆者は菊池寛、長谷川伸、菊田一夫など一流作家が名を連ねる
1948年(昭和23年) 東京・港区に東京連絡所開設
1950年(昭和25年) 中許 忠夫 代表取締役就任
1952年(昭和27年) 中許 忠夫 第1回海外視察・図案室発足
業界に先駆け、ヤラカス舘独自のデザイン部門を設置
1955年(昭和30年) 東京連絡所を東京出張所に拡充
1961年(昭和36年) 総合宣伝企画室開設
設備・組織の両面からトータルなマーケティング・ニーズに対応できる体制が確立された
1964年(昭和39年) 有限会社NIA設立
海外からデザイナーを招きデザインの国際化をはかる
1967年(昭和42年) セールスプロモーション部門発足
1969年(昭和44年) 第2期 本社社屋完成
1970年(昭和45年) マーケティング部門発足
マーケティング・ニーズの高まりに応えるため、マーケティング企画を中心に、広告・SP企画の立案及びマーケティング企画に必要な各種調査活動を展開
1975年(昭和50年) 有限会社アドパック設立
店頭における、より効果的なコミュニケーションシステムのあり方を求めるクライアント・ニーズに対し共同でPOP制作システムを開発
1976年(昭和51年) ダイレクトマーケティング開始
八尾プロダクトセンター完成
1977年(昭和52年) MD (マーケティング・デベロッパー)構想発表
1983年(昭和58年) テレマーケティング部門発足
1986年(昭和61年) 中許 忠夫 代表取締役会長就任
中許 忠和 代表取締役社長就任
1988年(昭和63年) グローバルスタジオ開設
1991年(平成3年) 第3期 本社社屋新築完成
1994年(平成6年) 東京本部社屋銀座2丁目に新築完成
1995年(平成7年) ITソリューション部門発足
1996年(平成8年) ヤラカス舘100周年
2000年(平成12年) フィールドマーケティング部門発足
CT構想発表
2001年(平成13年) 広告業として全国初のプライバシーマーク認証取得(10830001)
2004年(平成16年) ISO14001認証取得
東京本部の事業部門を拡充し、京橋に事務所増設
デザイン部門強化のため、株式会社オレンジワークスに資本参加
2008年(平成20年) 八尾プロダクトセンター増床
2009年(平成21年) 東京事業本部を東銀座に移転
2010年(平成22年) WEBコミュニケーションセンター(現Social Media Marketing)発足
SoooooS.サイト立ち上げ
2011年(平成23年) ヤラカス舘115周年
2012年(平成24年) ヤラカス舘115周年を記念して、沖縄へ社員旅行
ソーシャルプロダクツ普及推進協会 設立参画
SoooooS.マーケットプレイス開設
UCI lab.開設
2013年(平成25年) TMOT™Marketing マーケティングサービス開設
2014年(平成26年) プライバシーマーク認証制度において、多年に亘る貢献により感謝状を授与される
ISMS認証取得(DMセンターとして)
2015年(平成27年) Social Media Marketingチーム発足
Inbound Marketingチーム発足
経営理念を改訂
2016年(平成28年) 中許 忠和 取締役会長就任
中許 将一 代表取締役社長就任
ヤラカス舘120周年
八尾ロジスティックセンターに名称変更
環境方針の改訂(ヤラカス舘・アドパックグループ)
株式会社SoooooS.カンパニー設立
2017年(平成29年) ビジネスエンジンパワーアッププロジェクト発足
BUSINESS ENGINE ASIA PTE.LTD.設立