TRADITION

伝統

繊維の街・大阪船場の地で、引札・漆看板といった当時の商いを差別化するための仕事から始まり、
印刷、デザイン、企画、マーケティングと激動の時代変化に対応し続けてきました。
その約120年間伝え続けられている伝統の一部をご紹介いたします。

引札

引札ひきふだ

ヤラカス舘がまず手掛けたのは印刷業。中でも「引札」に力を注ぎました。引札は当時の宣伝印刷物の中心で、現代のチラシやビラのこと。商売人以上に、商品の値打ちを見る人に伝えるものでなくてはなりませんでした。

漆看板うるしかんばん

ヤラカス舘が得意とした商品の一つ。漆塗りの黒地に金の蒔絵を施した漆看板は、その店の品質を証明する、格調高いものでした。今でいうブランディングの手段として用いられていたのです。

漆看板
レッテル

レッテル

大正時代、“繊維の都”大阪では、レッテル(ロゴマーク)など繊維製品付帯物の仕事が溢れ、ヤラカス舘も繁忙を極めました。主力商品でもあったレッテルは、繊維商品の顔であり、模造を許さない実印でもありました。

ポスター

第二次世界大戦前、資材統制を受け競争が激化した国内市場から、海外へ目を向けたヤラカス舘。社長自ら大陸へ渡り、中国に進出していた日本企業から多数の注文を受け、中国人絵描きを起用したポスターを制作しました。

ポスター
出版物

出版物

ヤラカス舘が出版を手掛けた3年間があります。戦後、紙の価格が高騰し、白紙の横流しがもっとも利益を生む時代。そんな娯楽のない時代だからこそ、大衆向けの読物雑誌に価値があると考え、出版事業を興しました。

手描きの企画書

PCのない時代、企画書からイベントのマニュアルに至るまで、すべて手描きで制作していました。高い技術をもって作られたそれらは、今見ても味があり温かみが感じられます。「伝える力」がここにも息づいています。

垂統の日

垂統の日

1945年9月2日、終戦後すぐヤラカス舘は再発足、新しいスタートを切りました。後年、復興の日を「垂統の日」と定め、新年度の方針発表を行っています。垂統とは、孟子の言葉で「良い伝統・事業を子孫に伝えること」。

すきやき

1956年から続く冬の風物詩。社員と社員を支えてきた家族を労い、一家団欒で味わってほしいという想いで、二人前のすきやきを感謝(賞与)の日に配ります。ヤラカス舘東京のお肉は、松坂牛ブランドで有名な銀座吉澤様のもの。

すきやき
周年式典

周年式典

ヤラカス舘は2016年で120周年を迎えました。「伝える力」を武器に、常に挑戦を続けながらクライアントのビジネスに貢献してきた会社です。120年超のベンチャー企業として、これからも進化を続けてまいります。