リブランドならYRK&

MANAGEMENT
PHILOSOPHY

経営理念

家族と、お客様と、会社に、

デアイをつくる。
キズナをつくる。
ミライをつくる。

ビジネスエンジンカンパニー®

MESSAGE

社長挨拶

社長挨拶

「伝える力」で、日本中の企業や事業の本質的な価値を磨き直し、
古き良き伝統を未来へ繋いでいきたい。

明治29年に創業して以来、繊維の街・大阪船場の地で、下げ札・漆看板といった当時の商いを差別化するための事業から始まり、印刷、デザイン、企画、マーケティングと激動の時代の変化に対応し革新を続けてきました。120年余りを振り返ってみると、それは「伝える仕事」を通じて、お客様への業績貢献を考え続けた歴史でした。

近年、この「伝える仕事」も広義になり、お客様が自ら取り組めるコミュニケーションも増え、その手法も溢れています。私たちはその中で、より本質的な絆を作るお手伝いができる専門家でありたいと考えています。本来の価値をもう一度磨き直し、言うだけでなく共に汗をかきながら、予測不能と言われる時代を共創していくことが私たちの使命です。

認知よりも「愛用」。瞬間よりも「継続」。面積よりも「深度」。120年以上、会社を継続してきたからこそできる、独自のコミュニケーションコンサルティングに取り組んでいます。

社長トーク

これから世界は様々なテクノロジーの躍進で、さらなるイノベーションの時代を迎えます。インターネット上の革新はもちろん、AIやIoTで世界中の誰とでも24時間繋がれる、まさにボーダレスで、ダイバーシティな時代。より一層、多様な働き方に寛容であり、あらゆる変化にアンテナを張りながら、柔軟であることが求められます。

しかし、いつの時代も変わらないものがあります。それは、どんなにAIが発達しても、最後の最後に大事なことは人が決め、人の心が動くことで、世の中は変わっていくということです。これは、どんなにテクノロジーが発達し、世界がひっくり返るようなイノベーションが起ころうとも、変わらないただ一つのことだと確信しています。

私たちは、「伝える仕事」を通じて、人の心を動かし、世の中を動かしたい。お客様のビジネスのエンジンのような存在になりたい。そしてなにより、その改革が持続可能になるための一助を担えるのは、私たちの他ならないミッションだと考えています。

社長トーク

120周年を機に、新しく定めた理念「デアイをつくる。キズナをつくる。ミライをつくる。」この新しい理念とともに、お客様はもちろん、家族と社会にも大いに貢献できる新しい価値づくりのために日々精進して参ります。

私たちにとっての伝統とは、革新を繰り返した結果、振り返った時に繋がっているもの。だからこそ次の私たちは、「ビジネスエンジンカンパニー®」という新しいスローガンで、お客様と共に力強く未来を切り開き、新たな歴史と伝統を紡いでいきたいと考えています。

CEO / 代表取締役 中許 将一

PICK UP MEMBER

取締役・事業部長