SEMINAR

セミナー

【セミナー開催レポート】今こそDXでセールスの最大化を!

ReBRAND2020/06/17

当社オンラインセミナー「『デジ展』 オンライン展示会で、商機倍増!」が、おかげ様でご好評のうちに終了いたしました。たくさんの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

本セミナーでは、現状の「リアルな展示会」でのお悩みに加え、コロナ禍においてますます期待される「オンライン展示会」の可能性についてお話しさせていただきました。
「オンライン展示会」とはいうものの、当社の取り組みは、表面的なオンラインへのシフトではなく、根本的なデジタルシフトにより、効率的な営業活動を担うもの。コロナショックを機に、いかに会社をドラスティックに変革し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を起点とした戦略を立てられるかが重要であることを強く打ち出しました。

第一部では、シニアブランディングストラテジスト木村が、「展示会こそ戦略の起点」と題し、YRK&が考えるこれからの展示会について説明。ブランドコンサルティング会社が考えるオンライン展示会とは、「従来の展示会をオンラインで実現する」だけでなく、そこから得られるデータを戦略起点として、「セールス全体をDX(デジタルトランスフォーメーション)する」ことこそが、弊社の考えるオンライン展示会の狙いです。まさにこれを機に、セールスを、そして企業を変革できるかどうかが、勝負の分かれ目になりそうです。

第二部では、クリエイティブディレクター村川とクリエイティブテクノロジスト高橋が、「デジ展」のメリットや操作性について、モックアップを用いて解説しました。「デジ展」では臨場感のあるUI設計と、動画やライブ機能を活用した、実際の展示会場とはまた違った熱量のクリエイティブが提案できます。また、シンプルで直感的に操作しやすいインターフェイスは、誰でも簡単に使うことが可能です。そして、商品撮影から商品の管理、発送までを一気通貫して行う弊社物流センターと連動することもでき、オンライン展示会の場と販売の場を結びつけることも可能。まさにリアルとデジタルの両方を駆使したOMO型展示会で、効率的な受注活動がサポートできるサービスです。

今後のイベント改善はもとより、ブランド戦略やセールスの効率化へと活用の範囲が広がるデータ活用のヒントとなるレポーティングについては、具体的なレポートの形式でご紹介しました。オンライン展示会で得られるデータやその活用法が具体的に見えたことで、デジタル化に向けた具体的なイメージを得られた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

YRK&では、今後もさまざまなテーマでのオンラインセミナーを開催する予定です。ご期待ください。

セミナー概要

今こそDXでセールスの最大化を!

コロナによって、これまでのビジネスにおける常識が覆り、今全ての企業においてこれからの時代を生き抜くための変革が求められています。そうした中で、この機会にセールスのみならず企業全体のDXを推進しようと考えることこそ、ピンチをチャンスに変えるための思考だといえます。本セミナーの前半では、DXのトリガーとして戦略の起点となる「展示会」、日々のセールスの軸となる「商談」や若手が営業スキルを修得するための「営業教育」、そして、生活者への「販売」シーンを全てデジタルシフトすることで、これまで想像もしなかったようなセールスの効率的な最大化が図れるというお話をいたします。

展示会は、普段なかなか俯瞰視できない自社のケイパビリティが明確になる機会であり、自社に対する来場者の反応を見渡すことができる機会です。こうした顧客の反応をデジタルの力で明確に数値として把握することは、これ以降の単なるイベント改善につなげるだけでなく、ブランド戦略や営業戦略を練るにあたっての大切な資産となります。このような課題の数値把握は、市場や顧客ニーズの変化の予兆をいち早く掴めるだけでなく、スピーディーな社内共有にも非常に有効です。また、コロナによって展示会をリアルで実施することが困難になりつつあることからも、オンライン化に対して今ほど追い風が吹いている機会はないと言えます。

本セミナーの後半では、YRK&が開発したオンライン展示会プラットフォーム「デジ展」において、具体的にどのようなマーケティング資産となるデータが集められるのかといった点に焦点を当ててお話いたします。多くのご質問をいただいている「来場者の行動情報やセールス稼働状況」に関するレポーティング内容や、新たにアップデートされた「いいね機能」「名刺交換機能」「会場全体アナウンス」「商談議事録機能」といった追加機能のご説明もさせていただきます。

プログラムプログラム

スピーカー