リブランド|BPO|YRK&

社名考案からの
トータル・リブランディング

Education service

教育サービス様

業種:教育サービス/フランチャイズ事業


概要

昨今話題となっている少子化や共働き世代の増加による社会変化、知識や技能を習得する以上に、「自分で考え、表現し、判断し、実際の社会で役立てる」という力を育むことが重要視される2020年の教育改革を前に、教育サービス業は大きな変化が求められていました。

そこでクライアント様は、30年目にして新たな教育方針を確立するため、それまでの教育メソッドを一新し、それに伴い新たな社名で再スタートを切ることを決意されました。

フランチャイズオーナーの離反リスクや現入会者の退会増加リスクが考えられることから、再スタートに伴う今後のコミュニケーションの方向性を一緒に考えるパートナーを探している中で、当社社員がサービスを利用していたことからお話を伺う機会をいただき、YRK&としてのリブランディングの考え方を提案させていただいたところ、共感をいただき実施に至りました。

新社名でのスタート時期はすでに決まっており、その期間わずか5ヶ月。YRK&としてははじめての、完了時期が決まっているリブランディング案件となりました。

コンサルティングメンバー

問題解決ポイント

YRK&の視点

変化に対してネガティブな要素をポジティブに変える、気持ちのデザイン

丁寧なヒアリングで経営陣の想いを集約し、教育サービス自体を変えることでネガティブになりがちな思想や大きな社会変化をポジティブに捉え、社員やフランチャイズのモチベーションに配慮。合わせて社会情勢から今回のリブランディングは必然であることを納得していただき、案件を進行できた。

YRK&だからできるスピード感のあるコンパクトな進行

コンサルティングからマーケティング、クリエイティブの部隊が社内にいることでスピード感のある実施工程を実現。限られた時間の中でレベルの高さは落とさずに、リブランディングの全ステップ(マーケティング・ストラテジー・プロダクト)をほぼパラレルに進行し完了させた。

チャレンジアクション

新社名が新たな教育価値の基準になり、
企業価値とマインドにもなった。

競合の追随による競争の激化が差別化を難しくしていた現状を受け、瞬間的にブランドの特長が伝わるよう、他社にはない独自性を導き出しブランドの核ができた。それを未来へ向かう教育価値を掲げることで、競合他社との同質化から脱却。

結果的に新社名の意味が新しい教育メソッドにも繋がり、且つ企業マインドにもなり、更には未来の教育に必要とされる価値を示唆させるキーワードに繋がることで、一貫したアイデンティティが形成され企業の輪郭がはっきりした。

事例_教育サービス_概略図

目に見える成果・効果

1教室あたりの入室者数が増加

コア価値を明確にしたことで教育メソッドの理解がフランチャイズに深まり、1教室あたりの入室者数の割合が増加した。

ビジュアルアイデンティティが確立

旧社名ではバラバラになっていたロゴマークや入会パンフレット、看板など教育サービスに関わる全てのデザインを整えることで統一感のある教室づくりを実践。

担当コンサルタント
  • 山口 博之

    エクゼクティブプロデューサー

    山口 博之

    コミュニケーション・コンサルティング室

  • 木村 昌紘

    チーフ・ストラテジックプランナー

    木村 昌紘

    コミュニケーションデザインユニット(CDU)

現状の取り組み・派生課題

メソッドをさらに深耕すべく、創出したコア価値を元に、プログラムと教材の見直しを進行中。また、それらと並行して、講師の理解と指針づくり等のインナーブランディング施策を行う。その他、啓蒙活動を含めた大規模な戦略PRを実施予定。

関連ソリューション

事例紹介に戻る