リブランド|BPO|YRK&

VOICE

私たちの想い

TOP TALK

KENICHI FUKAI

執行役員 YRK& TOKYO 代表

深井 賢一

価値観の多面化に適合し、「ある日突然」に備える

加速度的にデジタル社会が進んだこの20年を、今を生きる人々がどの年代として過ごしたかによって、大きな価値観格差が生まれています。この多面的な価値観は、「私」という視点では見えませんし、見えたところでまったく理解できないものです。しかし、この価値観の多面性に適合していかないと、事業も商品・サービスもすぐに受け入れられなくなります。そんな出来事が、日本の市場のあちこちですでに起こっています。そして、それは「ある日突然」来ます。

だからこそ、顧客や生活者自身が気づいていない欲求や悩みを探り出し、準備しなければなりません。そして顧客や生活者の生の声や感じていることを取り込む、能動的で日常的な手段が必要です。ルーティンワークのように新商品を出すことよりも、今ある事業、商品・サービスに磨きをかけ、新しい顧客を取り込んでいくことが重要になります。さらにコア事業・新事業の育成に注力するために、特定業務領域は外部に任せていかないと人も時間もノウハウも足りなくなります。

取締役 深井 賢一02

YRK&東京オフィスは、そんな「ある日突然」に対応するプロフェッショナルと機能を有したチームで構成されています。リ・ブランディング事業、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)に特化した365事業、TMOTプラットホーム事業に、UCI Lab.です。これらは、YRK&独自の専門ノウハウと機能です。

また東京オフィスの特長的な点として、これらの専門特化された事業や機能の多くが、東京オフィスのメンバーによって主体的に生み出されたものだということです。市場やクライアントの要望に真剣に向き合い、試行錯誤を繰り返す中で生み出されたものなのです。

私自身もかつてプランナー時代に、ストアマックス™という事業を立ち上げました。軌道にはうまく乗せられませんでしたが、その失敗のおかげで学びもたくさんありました。YRK&には、失敗を恐れず、常に新しいことにチャレンジする風土があります。

私たちは、素晴らしい商品やサービスをそれぞれ必要としている人々へ、正しく伝えて提供していきたいと考えています。ビジネスのプロとして、多面的な価値観を許容できる次の社会をつくりだすことに関わっていきたいと強く思っています。

TOPTALK