VOICE

私たちの想い

TOP TALK

TODA NARUHITO

事業戦略室 執行役員 兼CBO
クリエイティブディレクター

戸田 成人

今こそ、オープンイノベーション型でプロジェクトに取り組み、本来の企業価値を取り戻すべき時。

いよいよ予測不可能な時代がやってきました。世間では「VUCA」という言葉も生まれたほどに、その現実感は増しています。デジタルディスラプターと呼ばれる、思考回路の違う企業の登場に期待が高まることや、ユニコーン企業によってマーケットのプレイヤーチェンジが起こることも珍しくなくなってきました。それぞれ、どのマーケットにも連続的な成長に陰りが見え、非連続な成長を余儀なくされていることは言うまでもありません。

しかし一見ネガティブな言葉に捉えられがちな予測不可能な環境には、期待できる側面もたくさん存在します。分かりやすいのは、一般的ですがインターネットやAIの進化による新しいライフスタイル。ビジネスの世界からも、もっと自由な発想事業が生まれ、ビジネスモデルや働き方そのものも、もっとクリエイティビティに溢れる可能性が見えてきています。

さて、そうなると私たちの過去の経験は一体どこまで役立つのでしょう。もちろん普遍的なものや、原理原則はこれから先もずっと変わることはないでしょう。しかし過去の経験則や成功体験が、ある種の思考のブレーキになったり、新しいビジネスに対して臆病になってしまう要因になることも同時に出てくるのかもしれません。

その時大切になってくるのは、「どうする?」「何する?」「何処でやる?」とバタバタ奔走するのではなく、そもそも「我々は何のためにこれをやっているのか」、「どんな未来のために、これを成し遂げたいのか」という、原点的な意義に立ち戻れるかどうか。すなわち、事業そのものの再定義を、どれだけ冷静にできるかということにかかってきます。

これらに立ち戻ることは、企業にとっての対外的なブランディングだけでなく、あらゆるステークホルダーやリクルーティングにも大きく影響するものになります。商品やサービスはもちろん、企業も、そして私たち一人ひとりでさえも、一度立ち止まって価値やアイデンティティを再定義するという活動は、実は今最も重視すべきことなのです。そして何より間違えてはならないのは、それらを自前主義でやらないこと。自分たちだけでなんとかやり遂げよう、今まではできなかったことでも、全部やれるようになろう。そんな時代ではありません。平均的に、なんでもできる企業は、今ブランディングの観点から見ても極めて弱くなってきています。むしろ、得意なことを徹底的に伸ばし、苦手な分野はプロフェッショナルを探し当て、圧倒的に競争優位性を磨くべきでしょう。迷うことなくオープンイノベーション型でのプロジェクトへ乗り出し、本来の企業価値を取り戻すべきなのです。

100年続く、強い企業ブランドを共創していきたい。

今ビジネスの世界では、この危機的な状況を打破しようという企業がたくさん出てきています。デザイン思考、デザイン経営、仮設推論、アジャイル型、OODA、オープンイノベーション、DX、アート思考、ダイバーシティ… 言葉を挙げればキリがありません。様々にブレイクスルーを願うワードが、ビジネス書に散見されるようになりました。いずれも、非連続な成長を生み出したい企業の内面の現れでしょう。表面化していない企業であっても、実は様々な活動の中で、ブレイクスルーの糸口だけは常に探しているのが現実です。

私たちは、そんな日常の今ひとつはっきりしない危機感の中で、一歩を踏み出せない企業のあらゆる状況を一度マインドセットし、新しい視点を導入して本質を取り戻す一助を担ってまいります。改めて整理整頓を行った上で、まずは徹底的にキモチをデザインし、そこからの新しいウゴキや、これからのあるべきカタチを丁寧にデザインしていきます。まさに価値の再定義により時代にアジャストし、未来に向けたイノベーションを起こすものです。もはや、アウターやインナーと言った二軸では語れない、新しい企業ブランディングメソッドで、100年を超えていく強い企業ブランドを共創していきたいと思っています。

温故創新のリブランディングは、繊細かつ大胆。そして、それは持続可能であるかを常に問います。

また、我々YRK&の「リブランドコンサルティング」というサービスは、私たちが123年間紡いできた、温故知新、温故創新の精神を注いだ、独自のコンサルティングメソッドです。決してドライに過去を切り捨て、極端にドライブさせるものではありません。古き良きことは極めて繊細に温め、改めて磨き直し、その上で思い切った大胆なリブランディングを行います。そして何よりその改革はここから先、10年、20年、100年、200年と持続していけるものなのか。そもそも、自走可能なのか。その可能性を常に問い続けながら私たちのコンサルティングは共創します。

私たちの会社には、それぞれの専門分野に特化したプロフェッショナルチームが存在します。このサイズの企業だからこそ、それらをコンパクトでシームレスに稼働させることができ、123年のナレッジを込めることができます。そして、我々自身も120年以上の歴史に原点回帰しリブランディングを行ったその実体験から、お役に立てることが他にも多く存在します。

「伝える力」を軸に展開するYRK&のコンサルティング事業は、古き良きブランドを、未来永劫、継続し存続できる持続可能なビジネスに変えていくことで、日本を世界に誇れる国に再生させたいと考えています。YRK&のリブランディング、そこから拡張するあらゆる新規ビジネスのアクションサポート力に、ぜひご期待ください。

執行役員 戸田成人

TOPTALK